株式会社籠田工務店

  • 電話番号
  • お問い合わせ

お客様の声

お客様の声一覧

明るく、風がすっーと抜けていく...私達がこだわっていた事すべてが詰まった我が家。

山形村 K様

木の家で、明るく風通しが良く、将来まで見据えた間取り、リビングには吹抜け、おまけにガレージ。その他etc...私達の希望はたくさんありました。

だから、設計に結構時間がかかってしまったのは、言うまでも有りません。
しかし、そんな私達のわがままを一生懸命聞いて下さり、夜遅くまで一緒に考えて頂いた社長さんや梶原さんは、本当に感謝しています。
そして、建築中もいろいろ変更しましたが、快く聞いて下さいました。

早いもので、暮し始めて1年。今は家族も増え、あの時、苦労した間取りも、とても使い易いものになっています。明るく、風がすっーと抜けていく...私達がこだわっていた事すべてが詰まった我が家。
それを現実にして下さった籠田の皆さん。

ガレージや吹き抜けは訪ねてくる友人達が口をそろえて大絶賛!
その横で私達夫婦がウフフの顔。

もったいない、リフォームすれば大丈夫!

山形村 N様

築30年の我が家、当時流行の繊維壁はボロボロ、背が高くなった息子は鴨居に頭をゴツン、玄関もくぐって出る有様、家の中のいたる所に有る段差は高齢になっている両親には危険がいっぱい。台所の収納が少なくて物がゴチャゴチャ。

建て直すか、リフォームするか?
以前雨漏りした時、すぐに飛んで来て修理してくれた籠田工務店さんに相談したところ「もったいない、リフォームすれば大丈夫」という社長さんの言葉お任せすることに決めました。

リフォームという決められた条件の中で、私達の希望を聞き入れ、夜遅くまで何回も打ち合わせしてくださいました。IHヒーターや珪藻土を採用し、安全で健康的な住まいになりました。問題点がすべて改善できたばかりでなく、予想以上に明るくて、暖かくて、使い勝手が良くなり以前の家を知っている人から「まるで新築みたいだね、懐かしいところも残っている」と言われ思い切ってリフォームして本当に良かったと家族一同大変喜んでおります。

部屋の配慮が良く使い易い、夏の通気性、冬の保温性に優れている、朝の結露も全くない快適な家

安曇野市明科 K様

この明科に移り住んで早や一年が経ちました。

私たちは長年東京に住み、仕事を持っていたため、土地探しから設計、施工にいたるまで、ほとんどの過程を籠田工務店にお世話になりました。
工事中もなかなか現場での打ち合わせが出来ない私たちのために、社長と瀧澤さんが、何度も上京してくださり、希望するポイントを相談したり、設計を変更したりしながら的確なアドバイスに安心してお任せすることが出来ました。

住んでみて、部屋の配慮が良く使い易い、夏の通気性、冬の保温性に優れている、朝の結露も全くないといった願いどおりの快適さに大変満足しています。

しっかりした基礎工事や家そのものの造り、一見目に付かないような細部にも丁寧な職人さんたちの誠実な仕事ぶりがでていて大いに感じ気に入りました。

ご近所の人たちや東京から訪ねてきた友人達からも羨ましがられる家のたたずまい私たち自身がほめられているような気がするから不思議です。

設計から完成まで熱心に取り組んでくれた。

山形村 N 様

まだ古くない我が家。親が苦労して築き上げた築40年の家。壊すには何とも言えない複雑な気持ちであった。
地元の信頼ある業者にと先々近所の熱心な勧めもあって、新築の段取りがついた。

設計から完成まで工務店の皆様が熱心に取り組んでくれた。
特に大工の皆さん朝早くから夜遅くまでもくもくと施主の注文にも快く受け入れてくれた。11/27日の完成した夜、木の香りと言うか、温もりは「何」これ俺の家!! 布団に入って、なかなか寝れなかったあの日が昨日のようだ。

自分の納得する気に入った家には3度造らないと満足度はないと昔の人が言った暮してああすれば良かったと言う所が必ず出てくる。
もう2度建て直して本当に納得できるかな。

人間の欲はきりが無い、ここで妥協しよう。

 

小さくても無駄が無く、快適で"何となく良い家"にご先祖様も満足してくれている事と思う。

山形村 H様

60代の私達夫婦は何となく良いものに惹かれる。この"何となく"は長年培われてきた技術と経験の積み重ねによって生まれるもので、これこそ本物のいえよう仕事といえる。「こんな使いもしない広い家を掃除するだけで私の一生終わってしまう」聞き慣れた女房のグチに私の哀愁は除々に敗退して行き、長年住み慣れた家を壊し、隠居所を作ることを決意したのが去年の6月。

離れと土蔵造りの物置を改装して二つをつなげたり、壊した家の地下室を38トンもの水槽に改造したり、更地に建てるよりもはるかにめんどうな仕事をこなしてもらい、11月1日、建前、12月29日に引渡しと、後で聞くと"異例の速さ"で新居が完成した。瀧澤さんと女房で何回も打ち合わせた設計の上に、職人さんの誠実な仕事によって見事に年内に完成した。

襖絵、鬼瓦、かまち板等、旧家のなごりも残してもらったから、小さくても無駄が無く、快適で"何となく良い家"にご先祖様も満足してくれている事と思う。

PREV

1  2  3  4  5  6  7

ページのトップへ